2013年01月18日

[C# WPF]HelloWorld

今回はHelloWorldを作ってみます。
とりあえず動かしてみる程度に見てください。

VisualC# IDEを起動して[ファイルメニュー]-[新しいプロジェクト]の順に選択します。
表示された新しいプロジェクト画面から『WPFアプリケーション』を選択します。
画面下の名前にプロジェクト名を設定します。
この例では『HelloWorld』に設定しました。
1.jpg

作成したプロジェクトにはMainWindow.xaml、MainWindow.xaml.csができています。
MainWindow.xamlを開いた状態でツールボックスからラベルをドラッグして配置します。
1.jpg

するとxamlコードエディタに以下のコードが追加されます。

<Label Content="Label" Height="28" ... />


このContent=の後をHelloWorldに書き換えます。

<Label Content="HelloWorld" Height="28" ... />


実行してみてください。
[デバッグメニュー]-[デバッグ開始]の順に選択するかF5キーを押下します。
以下のように表示されたらOKです。
1.jpg

現時点ではxamlコードに書いてある内容でわからない事がたくさんあると思いますが
順を追って解説していきますのでとりあえずは流しておいてください。


【関連する記事】
posted by cw at 22:30| Comment(0) | 導入 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。