2013年01月18日

[C# WPF]xamlについて

前回HelloWorldプログラムを作成してみました。

プログラムにはMainWindow.xaml、MainWindow.xaml.csの
2つのファイルが自動生成されていました。

WPFプロジェクトではGUIを持つクラスは
○○○.xamlと○○○.xaml.csの2つのファイルを作成します。

○○○.xamlにはGUIコントロールの配置やデータの表示方法について記述します。
○○○.xaml.csにはデータを処理するコードを記述します。

xamlに記述するのと同じ動作をする処理を
Windowsフォームプロジェクトのようにcsファイルに記述する事もできますが
同じ内容を書くならxamlのほうが圧倒的に記述量を減らす事ができます。
また、データの処理と表示を完全に分離する事で
仕様変更が発生しても柔軟に対応する事が可能になります。

xamlでは基本的には以下のように記述します。

<コントロール プロパティ=値/>

HelloWorldのMainWindow.xamlを見ていただくとわかりやすいと思います。

xamlの記述方法にはいくつかのパターンがありますので次回紹介します。



WPFでの開発はロジックと表示を分離できているかどうかで良し悪しが分かれます。
これからWPFを学ぶ上でこちらを手元においておくと非常に便利です。
筆者も普段使っているので安心してお勧めできる一冊です。

【関連する記事】
posted by cw at 22:00| Comment(0) | xaml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。