2013年01月18日

[C# WPF]Canvas

前回までにレイアウト用のコントロールとしてGridと3つのPanelを紹介しました。
Gridは行列を区切って内部のコントロールを行、列を指定して配置します。
Panelは内部のコントロールをそれぞれのPanel毎の法則に沿って整列して配置します。

今回はCanvasを紹介します。
Canvasは内部のコントロールにCanvasの基準点からの距離(座標)を指定して配置します。

図形を描画する際などに使用します。

サンプルを見てみます。

<Grid>
<Canvas>
<Rectangle Width="60" Height="60" Stroke="Black" StrokeThickness="1"
Canvas.Left="20" Canvas.Top="20"/>
<Ellipse Width="100" Height="100" Fill="Blue"
Canvas.Left="100" Canvas.Top="40" Canvas.Right="10" Canvas.Bottom="10"/>
<Rectangle Width="100" Height="100" Fill="Red"
Canvas.Right="100" Canvas.Bottom="60" />
</Canvas>
</Grid>


Canvasの中に3つの図形を描きます。
各図形のプロパティではサイズや色、枠線の色や幅を設定しています。
見ていただきたいのは赤字で示したCanvas.Left、Top、Right、Bottomの部分です。
これらはキャンバスの基準点からの距離を指定する添付プロパティです。
(添付プロパティについては後の記事で解説します)
Left、Top、Right、Bottomはそれぞれ左端、上端、右端、下端からの距離になります。

LeftとRight、TopとBottomは両方指定する事もできますが、
RightよりLeft、BottomよりTopが優先されます。

実行結果です。
1.jpg

円の図形はLeft、Top、Right、Bottom全て指定していますが、
Left、Topに指定した位置に配置されています。


posted by cw at 17:30| Comment(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。