2013年01月18日

[C# WPF]レイアウト用のプロパティ

今回は多くのコントロールに共通するレイアウト用のプロパティについて解説します。

@Width、Height
AMargin
BHorizontalAlignment
CVerticalAlignment

ツールボックスからドラッグして配置すると上記のプロパティが自動的に設定されます。

@Width、Height
これはコントロールの幅、高さです。
double型の浮動小数点数値で指定しますが
Autoを指定すると表示内容などから自動的に割り当てられます。

AMargin
これはコントロールの周囲の余白です。
左右上下それぞれの4つの値を指定できますが、省略する事もできます。
値を4つ指定する場合は以下のように指定します。

Margin="左側の余白幅,上側の余白高さ,右側の余白幅,下側の余白高さ"

値を1つしか指定しない場合は上下左右全てに指定した値の余白が適用されます。
値を2つ指定した場合は1番目の値が左右の余白幅、2番目の値が上下の余白高さとなります。
値を3つだけ指定する事はできません。

BHorizontalAlignment
水平方向の配置方法を指定します。
以下の値を設定できます。
Leftコントロールを領域の左端を基準に配置します。
これを指定した場合Marginの右側の値を指定しても無視されます。
Rightコントロールを領域の右端を基準に配置します。
これを指定した場合Marginの左側の値を指定しても無視されます。
Centerコントロールを領域の中央に配置します。
これを指定した場合Marginの左右の値は無視されます。
Stretch配置されている領域の水平方向を埋めるように配置します。
Widthプロパティに値を設定しているとLeftを指定したのと同じ状態になります。
領域を埋めるように配置するためにはWidthプロパティにAutoを設定します。

CVerticalAlignment
垂直方向の配置方法を指定します。
以下の値を設定できます。
Topコントロールを領域の上端を基準に配置します。
これを指定した場合Marginの下側の値を指定しても無視されます。
Bottomコントロールを領域の下端を基準に配置します。
これを指定した場合Marginの上側の値を指定しても無視されます。
Centerコントロールを領域の中央に配置します。
これを指定した場合Marginの上下の値は無視されます。
Stretch配置されている領域の上下方向を埋めるように配置します。
Heightプロパティに値を設定しているとTopを指定したのと同じ状態になります。
領域を埋めるように配置するためにはHeightプロパティにAutoを設定します。

いろいろ値を変えてみながらどのように配置されるか確認してみましょう。


posted by cw at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レイアウト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。