2013年01月18日

[C# WPF]xamlの記述方法

今回はxamlの記述方法について解説します。

前回の記事で書きましたが
基本的には以下のように記述します。

<コントロール プロパティ=値/>

Buttonを例に示すと以下のように記述します。

<Button Content="Button" Width="70" Height="23" Margin="5" Click="Button_Click"/>

また、以下のようにも記述できます。

<コントロール プロパティ=値>
</コントロール>

開始、終了タグの間にプロパティの設定や
子要素の定義をする場合にこのように記述します。

上のButtonの例では以下のように記述します。

<Button>
<Button.Style>
<Style TargetType="Button">
<Setter Property="Content" Value="Button"/>
<Setter Property="Width" Value="70"/>
<Setter Property="Height" Value="23"/>
<Setter Property="Margin" Value="5"/>
<EventSetter Event="Click" Handler="Button_Click"/>
</Style>
</Button.Style>
</Button>

このように記述する事に意味のない例ですが
このように記述する方法もあるという事だけ理解しておいてください。
Style、Setter等についても後の記事で解説しますので今は無視していただいてかまいませn。


【関連する記事】
posted by cw at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | xaml | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。